日光いろは坂じゃないよ!聖蹟桜ヶ丘のいろは坂へヒルクライムライド

こんにちは。管理人のl1stylishですヽ(´エ`)ノ

 

今日は最高気温18℃で天気も晴れ、最高のライド日和なのですが、昨日の飲みの影響で二日酔いで脳が分厚い雲に覆われたような、なんとも言えない頭痛が発生しているため引きこもりナウです。。。(;´Д`)

そんな日は、日頃全然更新しないブログを書くに限ります。

 

突然ですが『いろは坂』ってご存知でしょうか?

当時の私の認識ですと、地元が栃木なこともあり、栃木県日光市の『日光いろは坂』でしょ?って感じだったのですが、どうやら東京都にもいろは坂と呼ばれている坂があるようです。それは、『桜ヶ丘いろは坂』と呼ばれており、東京都でも指折りの丘陵地帯の多摩市の聖蹟桜ヶ丘にあるようです。

地図で見ると3つのヘアピンで構成されております。そして、いろは坂頂上の桜ヶ丘住宅地は結構な高台の上なので、なかなかの勾配ってことが想像できます(;´Д`)

あと、聖蹟桜ヶ丘といえば『耳をすませば』の舞台となっているそうでして、アニメの風景も結構な見晴らしの場所を描いていたはずなので、そういった要素からも高低差が判断ができますね。

はい、そうとわかったら、実際に走りに行ってみたくなるのが自転車乗りの性でしょw

ってことで、2月の初旬のさむーい時期に試走してきました!

 

 

ガス橋から多摩サイを上流へ登っていき、関戸橋を右岸側へ渡ったら最初の大きい交差点を右折。聖蹟桜ヶ丘前の交差点へ到達です。

 

(こんな感じ。)

そこを左折して大栗川を渡り、桜ヶ丘の高台を目指します。その高台への上り坂が『桜ヶ丘いろは坂』です。

 

↑ヒルクライムを始める前に、登り始めの『いろは坂桜公園』から聖蹟桜ヶ丘の景色をお伝えします👍 この公園は桜ヶ丘団地の北側に位置し、フェンス越しに聖蹟桜ヶ丘駅周辺のビルや町並みを一望することができます。

(冬かつ曇天模様のため、すごーく殺風景な写真になっておりますが、、、)

聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩10分程ですので、「ちょっと夜景がみたいねー」といった際に、桜公園へ夜景散歩なんてときに訪れるのもいいですね。

桜が丘公園からの夜景 

 

また、ジブリ映画「耳をすませば」に出てくる図書館の場所とされているそうで、ジブリファンなら訪れたいといったところでしょうか。また、公園名の通り春は桜が咲き乱れるそうです🌸

(3日前が見頃だったので、もう散りだしてしまっているかなー、、撮影できたら更新します)

👇後日桜見頃のいろは坂桜公園へ行ってきました!

桜ヶ丘いろは坂へ🌸花見🌸ライド♬

 

さて、それではいろは坂を登ってみたいと思います。

大栗川を渡り、最初の右カーブから本格的に坂の上りだしとなります。

250mほどの登り。まだそこまで斜度はありませんが(といっても10%)。

ご挨拶って感じですね。

一個目のヘアピンです。イン側も落差がなくきつくないです。

二個目のヘアピンです。走行ラインがアウト側になるので斜度的にはラクです。(10%)

3つ目のヘアピンです。ここが一番高低差がありました!斜度13%です。

上から見下ろした写真です。峠並みのヘアピン高低差。一人ローディがハイペースで登ってきています👍

写真は撮っていませんが、最後のヘアピンから頂上にかけて、右のゆるいカーブがあるのですが、そこが一番斜度があったかもしれません。

はい、頂上につきました。見晴らしのいい住宅街です。気持ちいいですね~✨ 私の他にもここで撮影されているローディの方がいました。

確かに見晴らしけど、ここに住むのキツイかも。。登っている途中、桜が丘団地へ続く階段を上っている住民の方々がいらしゃいましたが、あれを毎日繰り返すことを想像するとやばいです。

近くに桜並木がありました。ここ、春だったら桜が咲いてすごく綺麗なんだろうなと思いました🌸

※春来れたらきます!

 

ということで、初めて桜ヶ丘いろは坂を登ってみてのまとめです。

全長距離は618m、高低差47m、平均斜度7.6%。

登りだしから最初のヘアピンまでは距離250mで高低差25mの斜度10%、ヘアピンは全部で3箇所で各ヘアピンの斜度は10%ほど(3つめだけ13%)。ヘアピン間は短いですが、それなりに斜度があり全然休めませんw。むしろヘアピンよりきついかも。

距離は長くはありませんが、冬で鈍った身体にはいい登坂練習になると思います👍

 

PS

帰りがけいい夕日が撮れました🌇

 

左が関戸橋から撮った聖蹟桜ヶ丘で、右が狛江あたりで撮った小田急です。夕日を浴びながら帰るのもライドの醍醐味です。

 

よろしければポチッとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA