ツール・ド・NIKKO 2019 参戦!~山岳チャレンジコース 100km~

 

9月の3連休1発目の真ん中(9/15)、栃木県日光市で開催された “ツール・ド・NIKKO” に初参戦してきました👍

9月は台風が多くて、3年前くらい前は中止となってしまったこともあり、イベントの1週間前からYahoo!天気と睨めっこしてました。🌀

が、そんな心配とは裏腹に当日は気持ちのいい秋晴れに✨

 

こちらは、イベント会場の日光だいや川公園近くに開放されている無料駐車場。

右が女峰山、左が男体山

空の青さに映えていて、風情を感じさせる雲の掛かり方をしていて最高の景色だ✨

9月開催のイベントは台風で中止になるリスクあって、申し込むのに勇気が必要でしたが、こんなにも天候に恵まれて本当によかった(o´∀`o)

てなわけで、去年の走ってみっぺに参加したメンバー(俺、兄貴、兄貴の後輩さん)で山岳チャレンジコースに挑戦です。

 

 

●コースプロフィール

 

 

■イベントスタート

100kmコース組は7:20スタートなんですが、700名ほどいらっしゃるそう。

だいたい2分おきにくらいに20名ずつスタートしていくシステム。

色々もたついたせいで、ちょうどオープニングセレモニーやっているタイミングで会場に到着。

MIHO氏のスタートを見守ります。

 

その後受付して列の最後尾へ。

一旦、70km組より後ろに並ぶことに…

え、大丈夫?これ、このまま並んでいたら70kmの方たちとスタートとか…?

時が来たらスタッフが誘導しにきてくれるんだよね?

と心配していたけど、そのうち「100km組は前にでてきてくださーい」とのアナウンスが。

ホッと一安心。

 

…はい、スタートゲート手前まで進めることができました。

ってか、100kmの方々ってもうこれだけしか居ないのね。

そして、スタートの時を待っていたら奇跡が。

私のヘルメットの先端にトンボが止まりました。w

しかも動いても全く逃げようとしない。

そんなに居心地がよかったのかね?

(さすがにスタートゲート手前くらいで飛んでいきました)

ようやくスタートゲートに到着。まぁそれでも45分遅れの8:05 にはスタートすることができました👍

ここからエイド1となっている大谷川側のかたくりの湯まで約22kmの道のり。

国道119号(日光街道)を下森友交差点まで走行。下り基調なのでかるく40km/hくらいまでスピードがのる高速巡航区間に。

舗装が荒れている箇所も多くて結構怖かったです..😂

日光杉並木は、日光がほとんど遮られて暗く、路面状況がわかりずらいので慎重に。

下森友交差点を左折し、右→左→左→右ときて、大谷川を渡れば第1エイドは目前です。

 

 

■かたくりの湯

かたくりの湯の右隣にある空間が第1エイドとなっていました。

空き地中央を起点に左右にテントがあります。

どちらも同じ物を提供しているみたい。

ミニトマト、きゅうり、らっきょう、カントリーマァム、たれ付き豆腐が提供されていました🍅

(カントリーマァムは貰うの忘れた)

ここで一番美味かったのは豆腐だったな。タレが美味い👌

 

ビリスタートなので食ったらすぐスタート。

第2エイドの鬼怒川公園は、ここより16km先の38km地点。

ここを出てしばらくは平坦なのでなるべくタイムを稼ぐ。

国道121号線へでたら龍王峡方面へ。

通常、鬼怒川バイパスは有料(と言っても自転車は50円)なので迂回しますが、イベントのコースに設定されているので我々は料金所スルーでOK😆

1000mほどの長いトンネルを抜けたら左折して鬼怒川バイパスを降ります。

鬼怒川を左岸側に渡り、3kmほど進めば鬼怒川公園。

 

 

■鬼怒川公園

緑に包まれた自然豊かな鬼怒川公園。

日陰もあり、序盤の疲れを癒すには最高です👍

ここでは砂糖漬けレモン🍋、バナナ🍌、山菜汁、湯葉おむすびが支給されました。

砂糖漬けされたレモンと、

湯葉むすびです。

湯葉むすびはほんとに美味しくて、おかわりしたいくらいでした。

(1人一個なので無理でしたが)

日光の特産品をいかしたエイドメシって感じで、とても良かったです👌

(記念に悪魔おじさんのマシーンを撮影。よくこれで走れるよなー…)

 

 

■ミニエイド 川治ふれあい公園

次のエイドはここより27km先、65km地点のそば処ひなた。

登り基調となるだろうし、一気に距離が延びるし大丈夫かなと思っていたら、ミニエイドなるものが存在するというw

ここから9km進んだ47km地点にまず一箇所。

竜王峡を通り過ぎ、紅葉ライン入口を左折して川治温泉方面へ。

なんと、奇跡的に前を行く悪魔おじさんの後ろにつけたので、龍王峡と一緒にパシャリ。

アップダウンを越え、川治温泉市街を抜けてすぐの川治ふれあい公園がミニエイドになっていました🍽

スポドリしか支給してませんでしたが、みなさん立ち寄っていましたね。

 

ここで全体の約半分の距離ですが、後半は登り基調の山岳ステージとなるので

気合を入れて行かなければなりません。

 

(次のページへ👉)


Warning: printf(): Too few arguments in /home/l1stylish/execute-stylife.com/public_html/wp-content/themes/prestro/template-parts/content-single.php on line 64

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA