12月の奥多摩周遊道路はしんどい…

 

2019/11/30

2年ぶりに都民の森→風張峠→奥多摩湖と奥多摩周遊道路ツアーをやってきました。

トータル190kmのライド。

その日は拠点の大田区でも 9℃/4℃ の気温でもの凄く寒かったのですが…

めちゃめちゃ快晴で走らないと後悔する天気だったのです☀️

そんな日はロードバイクでロングライドしかないでしょう!

朝から気合入れて東京都西果ての地へ向かったわけなのです。

 

10:30には武蔵五日市駅に到着。

雲ひとつない青空。澄んだ冷たい空気が元旦を彷彿させるようでした。

檜原村役場から都民の森までの道のりは、道端のカエデ?モミジ?が紅葉していて凄く綺麗で癒されました✨

都民の森まで残り2km強といったあたり。目の前を走るサイクリストもがんばっています。

寒いけど走っていて本当に気持ちいい日。

(と、思っていたんですけど…)

 

13:30に都民の森へ到着。

ここに来るのは丁度1年ぶりだったので、

都民の森名物 “みとうだんご” を。

これのくるみ味噌味🍡が美味いんです✨

それとおでん🍢やハヤシライスも注文して(食い過ぎか?)ゆっくり味わいながらのんびりしておったのです。

そしたらいつの間にか1時間経過!

「やばい、日没まで2時間もないやんけ…」

風張峠に向けて急いで出発したのですが、だいぶ日差しも傾いてきており空気もかなり冷たくなってきました。

電光掲示板を見ると気温0℃…??

いつの間にこんなに気温下がった?

どうりで登ってても身体が暖まらんわけだ。

 

風張峠へ到達。標高1146m地点。

下界とは6.6℃も気温差があるわけです。

遠くに新宿のビル群が見えました。空気が済んでいるっていいね👍

路肩には積雪☃が…w

ここまで寒くなるとは考えておらず、グローブもフルフィンガーだが薄手のやつ…

シューズカバーはトゥカバーのみ。w

奥多摩湖側へのダウンヒルが始まると、この軽装備へのダメージは愚直なものに。

足先が凍傷になるかと思うくらい冷た痛くなり、ブレーキを握る指先は握っていられなくなるほどに冷たくなりました。

少し降っては止まって息で手を温めないと、多分手がとれていたと思う…w

奥多摩周遊道路をクリアしてもダウンヒルはまだ続き、青梅を抜け切るまでは凍りつくような冷えとの戦いでした_ノフ○

 

標高高いところへ行く時は気温差を考慮する必要があることを強く認識させられましたが、そもそもこの時期に風張峠越えすることがヤベェとわかりました。

さて、今年はあと何回山登りにいけるでしょうかね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA