AppleCare+ 盗難・紛失の補償請求手続きを解除する方法

 

AppleCare+(アップルケアプラス)に加入しているとiPhoneを盗難・紛失してしまったとき補償請求手続きをすることができます。

[AppleCare+ 盗難・紛失プラン]

https://www.apple.com/jp/legal/sales-support/applecare/applecareplus/docs/applecareplusjp_tl.html

上のリンク先で確認できるように11800円で同一製品を購入することができ、有事の際かなり使えるサービスです。

 

で、いざというときにスムーズに申請できるようにWEBで画面遷移とかを確認していたんですが、

[iPhone の盗難・紛失の補償請求]

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/theft-loss-claims

「サインインして補償請求手続きをする」から入っていって「デバイスを消去・無効化して補償請求手続きをする」画面で下写真の「AIG Japanに補償請求すると~~(省略)~~所有権はAIG Japanに移る点についても承知しました。」にチェックを入れて「AIG Japanで補償請求手続きをする」をクリックしたわけです。

予想としては”最終確認画面”的なのに遷移して、そこで最終確認して申し込みかなと思っていたんですが、、

(特に「このボタンをクリックすると請求が完了しデバイスはロックされます」とか注意事項など書いてなかったので(-_-;))

そしたらビックリ、手元のiPhoneがシャットダウン的な動きを始めて 「これはヤバい。。」と思って電源を切ろうとしたりと何かしらもがいたんですけど時既に遅し。見事にロックがかかり操作できなくなってしまいました笑

調べるとロック解除にはAIG Japanに確認する必要があるんですけど、受付窓口で”ケースID”か”受付番号”が必要で、いきなりのことだったからもちろんそんなもの無いし、iCloudへログインしてメール確認とか確認しようと思っても2ファクター認証がアダとなりログインできない状態に笑

 

どうにかするにはAIG Japanに直接電話するしかなかったのですが、やっちゃったのがAM3時と超バッドタイミング。

「土日祝日問わず9時から営業してます~」とガイダンスが流れ6時間も待つことに( ;∀;)

この間スマホ一切操作できないとかスマホ依存性現代人には地獄の時間でした。

しかも解除できるできないや、できるとしたらどういった情報が必要なのかといったことも分からないですし、余計に不安で9時までがえらい長く感じました。

 

で、いざ時間が来て電話したら「”ケースID”か”受付番号”、または該当端末のシリアル番号が必須です」とのこと。

iPhoneが使えればシリアル番号は「設定」-「一般」-「情報」から確認できますが、いまロックかかって操作できないんですけど。。

「iPhoneの箱に貼ってあるシールに記載されてます」「箱処分しました」「でしたらアップルサポートに確認してください」と言われアップルサポートに電話。

そしたら今度は「シリアル番号を開示するにはIMEIが必要です」だとさ。これも設定見られれば、、、と思ってたら

「SIMカードトレイに記載されてますよ」とのこと。

SIMカードトレイは先端細くて硬い棒状のものがないと開けられなくて、家にそんな都合のいい工具はみあたらず、箱処分しちゃったこともありキャリアショップに行かなければならないか、、と諦めていたんですけど、袋漁ってたら見つかりました!

早速確認してみるとSIMカードトレイの裏側に物凄く小さく印字されていて、虫眼鏡や顕微鏡でないと確認するのがしんどいレベル(;_:)

(確実に老眼の方では確認することはできないでしょう。。。)

 

ともあれこれでシリアル番号を確認することができまして、無事AGIに補償請求手続きを解除してもらえました。

(解除後3分もせずロック解除されました。)

ただ解除されてもiPhoneはもとの状態には戻らず購入時と同様初期状態となってしまい、全てのデータが消えてしまいますのでiTunesなどからリストアする必要があるので要注意です。

たまたま一ヶ月前にバックアップとってたからマシだったけど、そうじゃない人は終わるな。。

 

纏めると補償請求手続きを解除するには以下をする必要があります。

1.AIG Japanへ連絡。

2.解除にはケースIDや受付番号、該当端末のシリアル番号が必要。→分からなければ3へ。

3.アップルサポートへ連絡。

4.シリアル番号を聞くには該当端末のIMEIが必要。→SIMカードトレイに印字されている。開けられなければ5へ。

5.キャリアショップへ。SIMカードトレイ開けてもらう。

 

ひとまず、改めてバックアップはこまめにとろうと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA