IO-DATA製ルーターに交換したらVPN接続ができなくなった場合の対処方法

 

Softbank光から楽天ひかりにプロバイダー変更をしまして、それに伴い自分でルーターを用意する必要あったので、IPv6(クロスパス)対応のIO-DATA製ルーターを購入しました。

↓購入製品

 

開通日当日、最初の一週間程度はプロバイダー切り替えの兼ね合いや楽天ひかり側でIPv6の開通ができていないなどの理由で、一旦はIPv4(PPPoE)でインターネット接続設定をおこない、スマホのWi-Fi設定や動作確認などをやっていたわけです。

で、最後にテレワークで使用しているVPNへの接続を確認したのですが、以下の「L2TP接続に失敗しました。」のエラーになってしまって、

ネットで調べたところOSやルーターの再起動などで直るという記事を見つけたんですけど、とりあえず1番を試した限りでは改善されず。

そもそもルーター側に問題あるんじゃ?と思い、切り分けでスマホのテザリングを試したら案の定VPN接続できまして、ルーター側の設定が怪しいなーというアテをつけました。

早速ブラウザからルーターにアクセスしてセキュリティ系の設定を見てみると、それっぽいのが。

セキュリティ>パススルー の中に「PPTPパススルー」と「IPSecパススルー」があり、どちらも無効になっていました。

エラーメッセージが「L2TP接続に失敗しました。」とのことなので、設定名的にも前者の設定が要因に該当しそうだし、会社側のVPNが確か「L2TP/IPsec」を使っていたような気がしたので、後者の設定も要因に該当しそう。

ということで以下のようにどちらも有効に設定しました。

設定変更をルーターに反映させて、VPN接続を試したところ、問題なく接続することができました。一安心です。

皆様も本製品のようなIO-DATA製のルーターに変更したらVPN接続ができなくなってしまった際は、ルーター側の該当設定項目を確認してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA