初✨椿ライン🌺ヒルクライム!〜頭文字Dファイナルステージをトレース〜

 

■いざ椿ラインへ

13:30 味の大西で具合悪くなるほど腹いっぱいになったところで(笑)椿ラインに向けて出発!

県道75号線を使って湯河原温泉街を登っていきます🚲

初めて来ましたが湯河原温泉街は電線が地中に埋められていて景観がいい✨

(ところどころ電線はみえますが…ちょっとくらいは気にしない)

湯河原いいですね!気に入りましたー( ´∀`)♪

緑も多いし風情があっていい👍これ、普通に観光できたらかなりリラックスできるのでしょうね〜(*>ω<*)

ですが今日は自転車!そんな望みは湯河原の川に捨てて相模湾に流しておきます。

てゆうか、この温泉街ところどころ結構勾配キツくてもう峠なんじゃねーのか疑惑!_ノフ○

椿ライン入る前に脚を削られたくないーo(TヘTo)

湯河原温泉街には川が流れており、静岡県と神奈川県の県境みたいです。

随所に点在する川に架かる橋は、赤塗りで観光地感がありなんとも素敵な景観です✨

「勾配キツイけど気持ちいいな〜」

とか、湯河原めっちゃええわーって思っていたら一ヶ所異様なポイントが…

 

●湯河原の川は意外と汚いかも…

なーんか…川の中がメッチャ泡だらけになっているんですけど…

これ、排水を川に垂れ流しにしているからだよな…?

写真だと高さが分かりづらいですが、2mくらいモリモリっとなっていましたよ。

綺麗な川やなーと思っていたのですが、一気に興ざめっすわo(TヘTo) クゥ

電線を地中に埋めるのもいいんですけど、下水道も整備してくださいー🌀

 

■椿ライン突入

13:55 ついに来ましたでー!看板に椿ラインの表示がっっ!

この看板の先を右折すれば椿ライン入り口っす(´∀`*)

右折するとそこには見たことある景観が…っっっ

「この竹藪は!!!」

イニD好きにはたまらないヒルクライムスタート地点の竹藪…

一気にテンションあがりまーーーす(́ತ◞౪◟ತ‵) !!

(☝この描写のところね!竹藪の写真は撮り忘れてしまった…)

ここから山頂の大観山スカイラウンジまでは約14km。なかなかのロングヒルクライムとなります!

脚が売り切れないようにしないといけません…

登り始めて1kmほど。

イニDで言っていた通り、登り前半はヘアピンが多くて勾配が緩い低速セクション区間で比較的楽チン👍

と、油断していたら後ろから登ってきた2人組に「登りは脚だよ!脚っっ!」と言われながらぶち抜かれましたo(TヘTo)くうぅぅぅ~~~~~~~!!!!無念(._.)

 

●中間地点 しとどの洞(いわや)

14:35 しとどの窟(しとどのいわやね!これ読める人いるの?!)の駐車場に到着✨

展望ポイントからの眺めはなかなかの絶景✨

先ほど通過してきた湯河原温泉街や相模湾の水平線が見えます(*>ω<*)

イニDだとこの描写ですね👍

真子&沙雪。インパクトブルーシルエイティ懐かしいっすなぁ。

ここがヒルクライムの見せ場!高橋啓介のFDが唸りをあげますぜ👍

 

ここから頂上まで残り7km。あと半分となりましたが、イニDでも解説があったように、登り後半は勾配が勾配がキツくヘアピンが少ない高速セクション。

自転車にとっては高速でもなんでもないただの勾配キツイ区間!

むむむ…おかしいな…さっき休んだはずなのに脚が重いぞ…

兄貴の脚の呪いが俺に移ったか?それとも、いわやの呪いか?

そして、このカントリーサインは…

👆同じ看板っっっ!高橋啓介が最後の全開アタックを仕掛けるポイントじゃぁないですかぁー(΄◞ิ۝◟ิ‵) !!

いかんっ、またテンションあがってきましたーーー(゜o゜)!!

テールランプの残像っっっ!!!

このアニメはほんっっっとスピード感溢れていて大好きです😍

(絵は微妙なんですけど…けど、慣れるとこれもまた良く思えてくるんですよぉ!!)

と、テンション上がったのはいいんですが、現実後半は勾配が約10%ほどありますので、呪いのかかった脚だとちょっとキツイです…w

大観山スカイラウンジまで残り3km。

この景色は…

この描写ですな!ヒルクライム一本目のスピード感ハンパないコーナーリングの描写!

そして、このヘアピンを登った先には最高のご褒美が…

 

●ゴール手前のご褒美パノラマ

15:25 残り2km地点に到達!ここは相模湾とつばきラインが一望できるポイントになっていますー!!

めちゃめちゃ気持ちい!!!ほんっっと登ってきた甲斐があったよぉぉぉーーーー(´;ω;`)

(次のページへ続く)

 


Warning: printf(): Too few arguments in /home/l1stylish/execute-stylife.com/public_html/wp-content/themes/prestro/template-parts/content-single.php on line 65

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA